ご意見・ご感想お待ちしております。

Just another WordPress site

目標を達成させる子育てのコツ!

WRITER
 
目標達成のための子育て
この記事を書いている人 - WRITER -
出身地:福島県いわき市   血液型:B型。   趣味:読書、旅行   好きな色:青   座右の銘:因果応報   好きな歴史上の人物:織田信長   □経歴 静岡県の大手予備校で10年間教鞭を執る。 指導した生徒数は5000人を超える。 その経験をもとに、教育革命をスローガンに 子育てに関わる全ての人に貢献していく。

目標達成の子育て!

目標達成のための子育て

目標も立てても、達成できずに挫折をして、自信を失ってしまう子供をたくさん見てきました。この経験を繰り返すとチャレンジする意欲がなくなってしまいます。ちょっとした工夫や意識の変え方で目標を達成できるようになります。そのコツを記事にします。何か参考になることがあれば幸いです。

限界を決めるのはいつも自分

「テストの点数を上げたい」「成績を伸ばしたい」「憧れの学校に合格したい」などと思っても、「自分には無理だ」「現実は厳しい」などと諦めてしまうことあるかもしれません。もしくは、他人から「お前にできるはずがない」「高望みするな」と言われてやっぱりそうだよなと思ってしまうこともあるかもしれません。でも、自分には無理だと、やる前から諦めてしまう。それはとても勿体無いことです。そして、周りの声を諦める言い訳に使うのは、ズルいです。自分が無理だ、と思わなければ無理ではなくなります。人はなりたいと思う自分になれるのです。自分で限界を作らずに目標を達成に向けて取り組むべきです。

疑問に思う

目標達成のための子育て

子供は、親や先生または周りの大人から、色々とアドバイスを受けて育つものです。そして、真面目な子供ほどそのアドバイスに従って実行しようとします。もちろん、それで上手くいけばいいです。しかし、上手くいかない場合もあります。当然、アドバイスをした人は良かれと思って言っているはずです。しかし、それが相手にとって適切なアドバイスかというとそれはわかりません。そのため、子供自身は、言われたアドバイスが自分にとって適切なものかどうか、疑問に思うことも時には必要です。自分に合わないアドバイスを一生懸命実践しても成功まで遠回りになってしまいます。考える癖を持つことが大事になってきます。

やると決めたときがスタート

目標達成のための子育て

Nothing  is  too  late  to  start「何かを始めるのに、遅すぎることは何もない」という言葉があります。「テストまで残り3日しかないから。」「あと1時間しか時間がないから」などと、始めるのに遅いということはありません。残り3日しかなかったら、3日で出来ることをやれば良いのです。人は失ったものに目を向けて嘆くことが多いものです。与えられているもの、持っているものに目を向ければ可能性が見えてくるはずです。思い立ったが吉日です。たとえ、今までサボってたとしても、やらなきゃと思ったらすぐに実行に移すべきです。そして、目標達成を目指してください。

他人と比較しない

人と比べて、自分の方が出来ているとか、劣っているとかあまり意味のないことです。大事なことは、過去の自分と比べてどれくらい成長しているかということです。人それぞれ目標が違いますし、環境も違います。であれば、成長や結果を出すスピードも当然異なってくるものです。他人と比較して、落ち込んだり、焦ったり、油断したり、見下したり、全く意味のないことです。大切なことは、自分自身が目標を明確に持ち、それに向かって正しく努力をしているかどうかということです。

つい思ってしまうこと

目標達成のための子育て

つい思ってしまうことというのがあるものです。何か課題があると「無理だ」「めんどくさい」などです。自分がどういう思考の癖があるのか知っておくことは大切です。ネガティブな癖がある人は、改善するように意識しなければいけません。癖ということは無意識なので、いつもそのように思ってしまいます。これでは、目標を立てても、達成できる可能性が低くなってしまいます。自分ではわからない人は、友達などにきいてみるのも良いと思います。「あなたっていつもこういうこと考えているよね」などと、客観的な意見をもらえて、意外な発見があるかもしれません。自分のつい思ってしまうことの癖を把握して、目標達成の足かせにならないようにしてください。

習慣を身につける

1日だけ、1回だけすごく勉強したり、頑張ったりしても成功には繋がりません。すごく頑張らなくても、小さくて良いので日々続けることが大切です。それが習慣として身についけば、結果として大きな力になります。負担のないことがから始めた方が続きやすいです。難しくて大変なことよりも、簡単ですぐできることの方が習慣にしやすいです。継続は力なりです。毎日続けるぞ、力むと途中で挫折することもあります。簡単なことから始めて、気がついたら継続していた、くらいで良いのです。遠回りのように見えるかもしれませんが、その方が目標達成をしやすいはずです。

やるべきことを明確に

目標達成のための子育て

何をやったら良いかわからない、ということでなかなかやる気になれないとか、非効率な作業になったりすることがあります。どんなに頑張りたい思いがあっても、やることが明確になっていないと結果に繋がりません。そのため、まずはやるべきことを明確にしましょう。それを紙に書いたり、計画表を作って管理するとより良いです。やることが明確になり、1つ1つクリアしていくと、達成感もありモチベーションがアップするという相乗効果もあります。

メモ力が行動を促す

目標達成のための子育て

あれをやらなきゃ、これもやらなきゃ、とふと思い出すことは多々あるものです。しかし、それがお風呂の中だったり、食事中だったりすると忘れてしまったりもします。思い出したことをしっかりやっていれば、成果が上がっていたかもしれないのに忘れてしまい、結果に繋がらない。これではあまりにも勿体無いです。そこで、役立つのがメモです。思いついたらメモをとる癖をつけます。そうすれば、たとえ忘れてもそのメモを見れば思い出します。そして、メモなので完了したらメモを捨てます。こうすることで整理もつくのでオススメです。ぜひ、大切なことをメモとる習慣をつけて目標を達成していきましょう。

気分転換のやり方を予め決めておく

どんなにやる気があっても、頑張ろうという気持ちがあっても、モチベーションが下がったり、集中力が続かなくなることはあるものです。それでも、無理やり作業を続けるのは、オススメできません。作業効率が落ちるからです。それよりも、気分転換をする方が良いです。自分の好きなことをすると予め決めておく方が良いです。読書をする、映画をみる、運動をする、音楽を聞く、コーヒーを飲む、甘いものを食べる、などです。ストレスを溜めることが1番良くないです。自分なりのストレス解消法を決めておきましょう。気分が良い状態で作業を進めて、目標達成を目指していくべきです。

真似をする

どんなに頑張っても上手くいかずに、行き詰ることもあるかもしれません。そんなときは、自分が解決したい分野ですでに成功している、上手く言っている人の真似をすることがオススメです。もちろん、その人が上手くいったからといって、自分も上手くいくとは限りません。しかし、自分1人で闇雲に頑張るよりも成功する確率は高くなるはずです。学校の先生や先輩など自分のお手本になるような人は身近にいるはずです。上手にお手本にして、効率よく目標を達成していきたいです。

まとめ

成功体験を積むことができれば、自信がつきます。自信がつけば諦めにくい姿勢ができます。そのためにも、目標を定め達成することを繰り返すことが大切です。しかし、目標達成は簡単ではないです。そこで、このポイントを参考にして頂ければ幸いです。ご精読ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
出身地:福島県いわき市   血液型:B型。   趣味:読書、旅行   好きな色:青   座右の銘:因果応報   好きな歴史上の人物:織田信長   □経歴 静岡県の大手予備校で10年間教鞭を執る。 指導した生徒数は5000人を超える。 その経験をもとに、教育革命をスローガンに 子育てに関わる全ての人に貢献していく。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 高木信幸【公式ブログ】 , 2018 All Rights Reserved.