ご意見・ご感想お待ちしております。

Just another WordPress site

考え方を見直し豊かな人生を送る

WRITER
 
考え方を見直し豊かな人生を送る
この記事を書いている人 - WRITER -
出身地:福島県いわき市   血液型:B型。   趣味:読書、旅行   好きな色:青   座右の銘:因果応報   好きな歴史上の人物:織田信長   □経歴 静岡県の大手予備校で10年間教鞭を執る。 指導した生徒数は5000人を超える。 その経験をもとに、教育革命をスローガンに 子育てに関わる全ての人に貢献していく。

考え方を変えれば人生が変わる

考え方を見直し豊かな人生を送る

こんにちは。高木信幸です。

普段どのような考え方をする習慣があるでしょう。

考え方が正しくないと上手くいかないことが増えてしまいます。

しかし、正しい考え方をすれば結果もついてくるようになります。

正しい考え方をする上で気をつけたいポイントをいくつかまとめました。

この記事の考え方が何かのお役に立つことができれば幸いです。

気づきや学びを大切にする

考え方を見直し豊かな人生を送る

自分の持っている能力を最大限発揮するためにはどうすればいいのでしょうか。

まずは、気づくことです。

自分にはこんなにも素晴らしい才能や能力があるんだ、ということに気づくことです。

誰しもが素晴らしい才能や能力を持っています。

しかし、それに気づかずに、自分には才能がない、自分はダメなんだ、と思ってしまっている人もいます。

これは非常に悲しいことです。

では、どうすれば自分の才能や能力に気がつくことができるか。

まずは、色々とチャンレジしてみることです。能力は使ってみなければわかりません。

どんなに素晴らしい道具があったとしても使わなければ錆びついてしまうのとの同じことです。

何かにチャンレジする過程で気がつくことがたくさんあるはずです。

上手くいくこといかないこと。それらの中で自分の才能や能力に気がついていくようになるのです。

そして、学ぶ姿勢を持つということも大事な要素です。

新しいことを学ぶ知的好奇心を持つことです。本を読んだりセミナーや講演会に参加する、通信講座を取る、習い事に通うなど。これらの学びによって自分の能力を最大限発揮することに繋がっていきます。

気づきや学びを大切にして、ぐんぐん成長して欲しいです。

躊躇なくアクセルを踏むために

考え方を見直し豊かな人生を送る

何かにチャンレジしようとしてアクセルを踏もうとしても、躊躇してしまい、思いっきりアクセルを踏めないということもあるでしょう。

なぜ、そのようになってしまうのか。

失敗への恐怖からくるものなのです。つまりブレーキがかかってしまっているんです。

では、どうすればブレーキを外して、アクセルを踏むことができるのか。

それは、小さな成功体験をたくさん積んでいくということです。

何かにチャンレジするとき、大きな目標を立てたり、今までやったことのないようなことだったりします。

人は、過去に経験のないことには、不安や恐怖を感じるものです。

ですので、いきなり大きな目標を立てたりするのではなく、少し頑張ればできそうな小さなことから行動をしていきます。

これならできそう、と思えるものを積み重ねていきます。

その積み重ね、小さな成功体験の蓄積が自信となり、自分の心のブレーキを外し、アクセルをグッと踏めるようになっていくのです。

はじめから完璧にできる人などいません。

小さな一歩を踏み出す勇気が大切なのです。

解釈を変える

考え方を見直し豊かな人生を送る

自分自身の行動を妨げるものは何でしょうか。

時間がない、お金がない、能力がない、忙しいなどと考えている人もいるかもしれません。

確かに、それらは事実かもしれません。

しかし、だからと言って成功しない行動できない、という言い訳に使ってはいけないということです。

事実は事実、嘆いても何も変わりません。

だったら解釈を変えましょう。

時間がないというのであれば、時間の使い方を見直すチャンスです。隙間時間を見つけてみます。

テレビの時間、スマホの時間、移動中の時間、ボーッとしてる時間、それらを全部集めると相当な時間が生み出されるはずです。

そうするとこんなに時間があったんだ、ということに気がつくことができます。時間がないと思ったからこそ、時間の大切さを見直す良いきっかけになったとプラスに捉えることができます。

これは一例です。

どんな状況も自分自身の捉え方で、プラスにもマイナスにもなるのです。

成功する人は、例外なくプラスに捉えています。

ぜひ、プラスに解釈できるように癖をつけましょう。

他責ではなく自責の考え

考え方を見直し豊かな人生を送る

上手くいかなときに、誰かのせいにしてしまう人もいます。

「親のせい」「先輩・上司のせい」「環境が悪い」などです。

このように、人や状況のせいにする。これでは、何をやっても上手くいきません。

これを他責といいます。そうではなく、今の状況は自分が作り出しているんだ、と。

上手くいったときも、上手くいかないときも、自分がその状況を作っています。

これを自責といいます。

自分の人生は誰の影響を受けることなく、自分で選択することができるのです。

すべては自分の考え方次第ということを理解することがとても大事になってきます。

イメージ力

考え方を見直し豊かな人生を送る

上手くいかない人は、上手くいくイメージを持っていない人が多いです。

まずは、自分が取り組んでいる分野ですでに成功している人、現在上手くいっている人を見つけます。

そして、その人をお手本にします。

そして、常にその人の考え方や行動をイメージしながら行動をします。

困ったとき、悩んだときに、その人だったらどうするだろう、とイメージをします。

そうすると勇気をもらえたり、アイディアが湧いたりしてきます。

イメージすることが難しいのであれば、その人を観察し真似することも効果的です。

自分が目標とする、こうなりたいという理想の自分像をイメージしながら取り組むことが非常に重要なのです。

ピンチをチャンスに変える

考え方を見直し豊かな人生を送る

松下電器産業の創業者、松下幸之助はこんな言葉を残してます。

「私は、学歴がないから、体が弱いから成功したんだ」と。

学歴がない、体が弱いことは、一見すると成功とはほど遠いものになるのではと思いがちです。

しかし、このピンチ的状況を松下幸之助はチャンスに変え他のです。

たくさんの人の協力を仰ぎ、謙虚に振る舞っていたのです。

そこに優秀は社員が集まり成功していったのです。

このように自分の弱さを受け入れ、逆にそれを強みに変えてしまう。

このようにピンチをチャンスに変える発想は非常に重要なものです。

人は自分の弱さを認めたくないものです。

そして、虚勢を張ってしまいます。

しかし、そいう人の周りに人は集まりません。

完璧な人間などいません。

自分の弱さを隠したりせずに、周りの人にもさらけ出してみましょう。

きっと協力者が現れるはずです。

誠実に生きる

考え方を見直し豊かな人生を送る

人は1人では生きていけません。

手を取り合い、協力しながら生きていくのです。

その際に大切なことは、誠実さです。

では、誠実さとは何でしょうか。

まずは、スピードです。

何か頼まれたり、やらないければいけないことを迅速に対応する。

これは誠実さの表れです。

対応が遅いほど相手からの信頼を失うことになります。

次に、問題から目を背けないということです。

問題をおきたときに、放っておけば事態は悪化していきます。

そして、人間関係も悪化していきます。

これでは、いけません。

上手くいかないことがいきたら、原因を考え、どうしたら上手くいくだろうということに尽力するべきなのです。

そして、誰に対しても好意的な対応をします。

人によって露骨に態度を変える人は信頼されません。

相手を敵とか味方とか考えるのではなく、全ての人に好意的に接します。

出会う全ての人に親切にする、自分が接して欲しいように相手に接する、という考え方が大事になるのです。

まとめ

自分が常日頃考えているような人物になっていきます。

そして、同じような人が自分の周りに集まってきます。

ネガティブな考えをすれば、マイナス思考の人間になり、同じような人が集まってきます。

そういった中で生活をすれば、成功や成長とはほど遠い人生になってしまいます。

ポジティブな考えをすれば、プラス思考の人間になり、同じような人が集まります。

豊かな人生を送れるはずです。

ぜひ、プラス思考の人になりましょう。

今回の内容が参考になれば幸いです。

ご精読ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
出身地:福島県いわき市   血液型:B型。   趣味:読書、旅行   好きな色:青   座右の銘:因果応報   好きな歴史上の人物:織田信長   □経歴 静岡県の大手予備校で10年間教鞭を執る。 指導した生徒数は5000人を超える。 その経験をもとに、教育革命をスローガンに 子育てに関わる全ての人に貢献していく。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 高木信幸【公式ブログ】 , 2018 All Rights Reserved.