ご意見・ご感想お待ちしております。

Just another WordPress site

聞くよりも聴くが効く

WRITER
 
聞くよりも聴くが効く
この記事を書いている人 - WRITER -
出身地:福島県いわき市   血液型:B型。   趣味:読書、旅行   好きな色:青   座右の銘:因果応報   好きな歴史上の人物:織田信長   □経歴 静岡県の大手予備校で10年間教鞭を執る。 指導した生徒数は5000人を超える。 その経験をもとに、教育革命をスローガンに 子育てに関わる全ての人に貢献していく。

ブログをご覧頂きありがとうございます。

高木信幸です

今回は、聴くことの大切さを書いていきます。

聴くことは基本

なぜ聴くのか?

子供の話を聴く事はとても重要です。

あなたは、普段どれくらい聴くことを意識していますか?

「聞く」ではなく「聴く」です。

「聴」とは耳+目と心です。

つまり、ただなんとなく聞くのではなく、相手に興味関心を持ち、注意深く耳を傾けるということです。

子供の日常に興味を持つ

子供の日常には様々なことが起こってます。

嬉しかったこと、楽しかったことばかりではありません。

子供だって、悲しかったこと辛かったことちょっとした心がもやもやすることもあります。

整理できない様々な体験や思いをすべて抱えたまま、家に帰ってきます。

人は、話すことで自分の気持ちを整理したり、確認したり、嬉しさや楽しさを再体験したりするのです。

子供も大人も同じです。

もし、家に帰ってから誰ともそのような会話がなかったら、子供の心はどうなってしまうでしょうか。

あなたが、誰でも話を聴いてもらえなかったらどんな気持ちになるでしょうか。

きっと辛いはずです。

子供に同じ思いをさせてはいけないはずです。

何か作業をしていたら、一旦手を止めて、相手の目を見て会話をしてください。

聴くことの効果

話すことは、心の中にあるもやもやを浄化する作用があります。

誰かに話したり、聴いてもらったからといって、問題が解決するわけではないです。

しかし、それでなくても、何となく気分が軽くなったり、気持ちがスッキリしたりしたことがある経験は誰にでもあるはずです。

特に子供は、自分の気持ちを整理したり、人に伝えたりすることが、決して上手ではありません。

ですから親には聴き上手になって頂きたいです。

その際に、決してやってはいけないことがあります。

「話を遮る」「話の先を読んで決めつける」

子供の場合、言葉が吃ったり、スラスラ出てこなかったり、内容がわかりにくかったりします。

その時に、「それって〇〇でしょう」などと言ってはいけません。

子供がしっかり出てくるまで待ってあげてください。

聴くことの3つのメリット

話を聴くことのメリットは3つあると考えます。

メリット1

1つ目は、子供の情報を手に入れることができるということです。

子供のことを知らずに、子育ては出来ません。

つい、私は親だからこの子のことは誰よりもわかっている、とわかったつもりで決めつけてしまうことがあります。

そうではなく、きちんと聴くことです。

それが子供への理解にも繋がります。

メリット2

2つ目は、子供の存在を肯定する行為になるということです。

メリットの1つ目で情報を得ることで、子供が誰と仲良しなのか、学校の先生はどんな先生なのか、学校で今何が流行っているのか、学校で今どんな行事が行われているのか、などを知ることが出来ます。

そうすることで、子供と共通の会話ができます。

子供は親が自分に興味を持ってくれているんだ、と思います。

この行為が子供を承認する行為です。

子供の自己肯定感が育まれるので、とても大事な行為です。

メリット3

3つ目は、子供との良い関係を維持できるということです。

子育てをする上で、親子関係が悪いよりも良い方が円滑に子育てが出来るに決まってます。

程度の差はあれど、反抗期はどんな子供にも来るものだと思います。

しかし、聴く習慣があれば、子供のことを理解しているので、良好な関係を維持出来ます。

受け入れてもらっているという安心感があるので、子供は親を信頼しています。

これも聴くことの効果です。

まとめ

このように聴くことは、一石三鳥です。

聞くではなく、聴くことが子育てには効くのです。

あなたは、どれぐらい子供の話を真剣に聴いているでしょう?

ぜひ、普段の生活を見直してみて、改善できることがあれば、改善してみてください。

子供のためにも。

ご精読ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
出身地:福島県いわき市   血液型:B型。   趣味:読書、旅行   好きな色:青   座右の銘:因果応報   好きな歴史上の人物:織田信長   □経歴 静岡県の大手予備校で10年間教鞭を執る。 指導した生徒数は5000人を超える。 その経験をもとに、教育革命をスローガンに 子育てに関わる全ての人に貢献していく。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 高木信幸【公式ブログ】 , 2019 All Rights Reserved.